華想苑の想い

thought

「空き家になった実家の整理、どうしたらいいだろう」

「両親が施設に入居したあと、部屋にある物の整理や処分に困っている」

もしも自分に何かあったとき、「家の整理のことでそんな風に家族に迷惑をかけたくない」
という想いがあるならば、家族の負担を限りなく減らしておくための「生前整理」や、古くなったもの・買い換えたいものを

リサイクル処分する「家財整理」に今のうちから目を向けてみませんか?

人が亡くなったときに遺族が遺品を片づける「遺品整理」がありますが、これに対して「生前整理」とは、生前の元気なうちに

親族や離れて暮らす家族のために必要最低限のものを残し、不要なものを処分し後世に後世に負担を減らす意味を持っています。

遺品整理も生前整理も単にモノを処分し、片づけることではなく、生前の思い出を整理しながら行うものです。

整理は自分たちで行うこともありますが、それには体力や精神面でかなりの負担がかかってしまうばかりでなく、

なかには専門的な知識や対応を必要とするケースもみられます。そんな場合は、ノウハウを持つ専門の業者に依頼することで、

スムーズに整理できるでしょう。

生前整理や家財整理のサービスを利用する場合、万が一大切な品をゴミとして処分されてしまうと後悔やトラブルにつながることが

あるので、業者選びはキチンと有資格者がいる信頼できる会社を選ぶことも重要なポイントです。

遺品整理士の資格を持つスタッフが在籍している「華想苑」では遺品整理の際の家財整理の片づけはもちろん、ハウスクリーニング、家財の移動、リフォーム不動産売却、形見分けに至るまで、家全体の整理から様々な相談事に対して一括でサポートできます。

 

古物商許可も取得しているので、リサイクル買取も正規に行っております。

その他にも、終活ライフケアプランナー資格を持つ女性も在籍。終活の相談なども気軽に受けることができますので安心です。

悩みや、困ったことは誰にでも存在します。

その悩みや、困ったを共に手を取り合い親身になり寄り添い解決していくことができるのが「華想苑」です。