お役立ち情報

粉骨・散骨代行は【華想苑】のサービス利用を~散骨旅行とは~

ホーム > 粉骨代行は岩手にある【華想苑】へ > 粉骨・散骨代行は【華想苑】のサービス利用を~散骨旅行とは~

散骨旅行について

近年、お墓を持ち管理していくことが難しいと考える方が増えています。

お葬式・火葬を済ませた後、これまででしたらお墓に納骨するのが一般的でしたが、それでは子孫たちにお墓管理の負担をかけてしまうという懸念を抱く方が増えているのです。

少子化が進む中、自分たちのお墓が無縁仏になってしまわないかという点に悩む方もいます。そのため新しい供養の方法として「海洋散骨」に関心が高まっているのです。

海洋散骨は、船に乗り遠洋に遺骨を撒く方法です。故人の思い入れがある海や風景がきれいなところを選ぶ方が多く、ハワイ、グアムといった海外の海を利用する方もいます。海洋散骨を目的に行われる散骨旅行なら、故人との思い出の場所へ旅行しながら散骨することが可能です。

海洋での散骨代行を請け負う業者もありますが、散骨旅行なら故人への供養を込めると共に自分たちの気持ちを整理しながら散骨できる点が特徴です。【華想苑】では粉骨の代行を受け付けております。散骨をお考えの方がいましたら、ぜひご利用ください。

粉骨・散骨代行のサービスは岩手にある業者【華想苑】に依頼を

岩手にある【華想苑】では、粉骨・散骨代行のサービスを展開しております。散骨旅行を予定されている方は、事前に遺骨を2ミリ以下のパウダー状にする必要があるのですが、ご遺族にとっては辛い作業となります。


そのような場合にはぜひ【華想苑】の粉骨代行をご利用ください。粉骨と散骨をセットでお引き受けすることも可能です。

供養の仕方はそれぞれ

粉骨・散骨代行をお引き受けする【華想苑】では、供養の仕方にルールはないと考えております。これまでですと火葬後はお墓に納骨するという流れが一般的でしたが、お墓継承が難しいという問題が増えているのが現状です。

故人を供養する際に大切なことは、ご遺族の思い。故人への思いを込め自然の広がる海洋に散骨する方法が最大の弔いというのであれば、それが家族にとっての正しい供養なのです。

粉骨代行に関するお問い合わせは【華想苑】へ

会社名

華想苑

運営統括責任者名

田口 寛央

〒020-0836 岩手県盛岡市津志田西一丁目1-10MIYUKIビル2F

〒024-0061 岩手県北上市大通り1丁目10-1-602

電話番号

019-601-3758 もしくは 0120-51-0358

メールアドレス

URL